android搭載スマートフォンを使ってみて

携帯電話をandroidに機種変更する際に気を付けるべき事

日本国内の台数別シェアでは未だに従来型携帯電話(いわゆるガラケー)が60%程度のシェアを確保していますが、ドコモ、au、softbankのキャリア大手3社のショップを見て回れば、スマートフォンラインナップの充実ぶりに隔世の感があります。ここまで早く新機種の殆どがスマートフォンに置き換わるとは想像もしておりませんでした。現在もガラケーを愛用する私でも、次に機種変更する際にはスマートフォンになるのだろうな、と漠然と感じております。

仕事柄、iPhone&iPadやandroid端末向けのアプリケーションに触れる機会が多く、これらの端末の有用性だけでなく欠点もよく把握しています。実際に自分で触って感じて、総合的に判断した結果として、現時点ではまだスマートフォンに機種変更する意味が見出せていないというのが現実です。確かに無料のアプリが充実していたり、動画に強くコミュニケーションの幅が広がる事や画面の広さ、綺麗さ等の利点はとても魅力的ではあります。実際に触っていると、操作がとても直観的に出来ますから、特段マニュアルを見ずとも使いこなす事が出来ます。熟年層に対しても、画面が広く文字が見易いので親和性は高いものと推察します。

ただ現時点では残念ながら欠点も見られる事を認識しておく必要があります。androidスマートフォン特有のものとして、以下の2つが挙げられます。まず1つ目は電池の保ちが極端に悪い事。昨年後半に発売された新機種ではかなり改善されてきているようですが、私が仕事で使っている機種の場合、待ち受け状態で1日保たない事もあります。ガラケーから乗り換えられる方にとっては、とてつもないストレスになると思われます。2点目はアプリに潜む危険性です。リテラシーのあまり高くない方がよく理解せずにアプリを端末にインストールしてしまうと、連絡先情報等の個人情報を盗まれてしまう危険性があります。androidの場合、アプリケーションストアは性善説に基づいて運営されていますので、このようなタチの悪いアプリも中にはある事を理解しておく必要があります。

Copyright (C)2019android搭載スマートフォンを使ってみて.All rights reserved.